人生をhappyに~わんダフルライフ🐾~

私の幸せは皆さんの幸せ!それをモットーに幸せを広げたいです!

家族旅行〜一泊二日・四国の旅〜

『ひろめ市場編』

 

〜初日はトラブル続き…〜

 

桜の開花宣言が発表され一日中ニュースで話題になっているとはいえ、まだまだ朝晩の気温は低く開いている桜も見られない週末…。そんなに道も混んでいないだろうと思いながらも余裕を持って8時に出発!

 

第1目的地は高知県にある『ひろめ市場』。

 

どうしても鰹のタタキが食べたくて、この旅行の為に下調べました!やはり高知県といえば鰹のタタキですよね!?(高知県といえばしんじょう君!いや、ちぃたんやろ!?と言う方はゴメンナサイ)

その中でもタレではなく塩タタキが食べたくて調べましたよ!

 

カーナビをひろめ市場に設定し到着予定時刻は11:58分。お昼ご飯にはちょうどいい時間じゃありませんか!(とは言え早起きをさせられた家族は眠くてそんな事を褒める余裕がない為自分で自分を褒める私でした。泣)

 

土曜日だけあって交通量が少し多いものの宝塚ICから山口JCTまでの2kmの渋滞は想定内。家族がそれぞれ好きな曲をかけて鼻歌なんて歌えちゃう余裕だってあるんだな〜♪

 

ここでももちろん流れますよ!B’zソング♪!!

私のB’z好きは主人の影響で、車の中では主人が作ったセットリストが流れます。何が流れるかは主人しか知らないので次は何かなぁ…とワクワクします。

 

また、最近では娘が韓国アイドルのBTS(防弾少年団)にハマっているのでBTSもリストに追加されて尚更テンションが上がります!

 

〜淡路島通過〜

 

車は順調に進んで出発から1時間で明石海峡大橋を通過。

 

いつもなら必ずハイウェイオアシスに寄るのですが、今日の目的地は高知県だけあって長旅になるので今回はスルー。観覧車を横目に突き進みます。

 

あいにくの曇り空でいつもはエメラルドグリーンに輝く瀬戸内海の海も今日はグレー。でも、そんなことも気にならないぐらいのテンションをキープしたまま、あっという間に徳島県に突入。

 

〜天気同様、雲行きが…〜

 

高松道徳島道のどちらを選ぼうか…と悩みながら行きは徳島道、帰りは高松道にしようとその場の思いつきで進んだ料金所。いよいよ四国突入!

 

とガッツポーズで料金所を通過した瞬間…え!?到着予定時刻が13:48に!ガーン( ̄◇ ̄;)

 

一瞬、何が起きたか解らずに何度も到着予定時刻を見直すも、もちろん変わるわけはなく…(心の中では、時間よ戻れ!!と呪文を唱え…もちろん戻りませんよ!戻らないけどね!)

 

そこでとっさにルート変更。一旦徳島道を降りて高松道へ行く事に。冷静さを取り戻してコンビニの駐車場でルートを再検索…あれ?高松道の入り口で設定し直してるのに徳島道を推してくるじゃああ〜りませんか?

 

高松道で設定し直しても時間は更に伸びるだけ…何が何だかんだ解らずにもう一度高松道に乗ることに。

 

〜まさかのアクシデント〜

 

こうゆう時こそ役に立つのが、ジャジャーン!スマホ〜!!(いやいや、そんな大した物じゃありませんから)

 

どれどれ…( ̄д ̄;)…。

高知道で横転事故発生!と出ているではありませんか(O_O)

これでは、どうあがいてもどうしようもありません。

 

原因がわかったからには突き進むしかありません!2時間も到着予定時刻が遅れたとわかった瞬間から身体は正直なもので腹時計が鳴り始め、アラームどころかスヌーズ状態です。

 

〜道の駅大歩危で妖怪に遭遇〜

 

小腹を満たそうと立ち寄った道の駅大歩危

妖怪屋敷があり手作り感満載の妖怪達があちこちから歓迎してくれました。

f:id:megumi-s:20190325203942j:image
f:id:megumi-s:20190325203946j:image
f:id:megumi-s:20190325203952j:image
f:id:megumi-s:20190325203938j:image

 

壁に貼られている妖怪ウォッチゲゲゲの鬼太郎(しかも現代版のイラストは少しかっこいい)に負けないくらい迫力がある妖怪達。私が幼稚園児なら確実に号泣してましたね。

 

立ち寄る予定ではなかったこの場所で吉野川の渓谷が見れて一両列車に手を振って妖怪に出会えて…満喫出来たところで、やはり鰹のタタキの為にお腹を空けておきたい私は何も食べずに出発!

 

しばらく道を走り続けやっと大豊から高知道へ。周りの車もほとんどが同じように高知方面へ向かっていました。

 

調べたところ、前日も高知道では事故があり通行止めになっていたようで、今日も朝の9時半から通行止めだったとか…。

 

そこから高知まではあっという間に到着!

さっきまで怪しかった空模様も少しずつ回復して晴れ間が見えてきました!

 

なかなか見れない路面電車を横目にいざひろめ市場へ。駐車場の前には3台ほど車が待っていましたが、次々と車が出てきて直ぐに停めれました。

 

〜恐るべしひろめ市場〜

 

中に入ると凄い活気であちこちから美味しそうな匂いが。はるばる6時間掛けてやってきた甲斐がありました!

 

あちらでは、生ビールを片手に真っ赤な顔をして鰹のタタキや唐揚げを食べるオッチャン。こちらでは1人で熱燗を呑みながらお造りを食べるおじさま…目の前にはビールとタバコだけで笑い話に花を咲かせるおばちゃん達…。なんて愉快なんでしょう。心がワクワクしちゃいます。

 

〜念願の鰹のタタキ!〜

 

満席の中、直ぐに空きそうなテーブルの後ろで待機し周りの店を物色しながら席が空くのを待つ時間は意外と短くすんなりと座れました。

 

とうとう念願の鰹のタタキを買いに一番行列が出来ている『明神丸』の最後尾へ。メニューは鰹のタタキ塩とタレ、鯨の竜田揚げ、あおさの天ぷら、生しらす、鰹のタタキの手巻き寿司などがありました。

f:id:megumi-s:20190325204034j:image
f:id:megumi-s:20190325204026j:image

私は今回鰹のタタキ定食(中)7切れを注文。トレイに箸とおしぼりを乗せてガラス越しに藁で焼かれる串刺しの鰹を見ながら興奮!華麗な包丁さばきを見せるお兄さんに感動!

 

あおさの天ぷらや生しらすにも誘惑されながらも我慢しながらタタキを待ちます!

 

キター!!!(*゚∀゚*)

集めに切られたタタキが7切れ…素敵( ¨̮ )‪︎❤︎

そこにご飯と赤出汁が乗って出来上がり!

レジで支払いを済ませてテーブルに戻ります。

 

やはり本場は違う!!

 

念願の鰹のタタキを目の前にし、直ぐにほうばりたい気持ちを落ち着かせ深呼吸…。

 

いっただっきま〜す!!

 

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

痛い…痛〜い!!!!!!

 

この瞬間まで気付かなかったのですが、歯茎に口内炎が!

 

柚子風味のタレが染みて激痛(T-T)

でも、脂の乗った鰹の何とも言えない甘みに藁の香ばしさがめちゃくちゃ美味しかったです!

 

6時間掛けて行った鰹のタタキの味より口内炎の痛みの方が記憶に残っていますが、これもまた旅の思い出…。

 

ご馳走さまでした(^_^)

 

f:id:megumi-s:20190325204114j:image